© 2019 by 神戸ふれふれ不動産

​神戸市灘区灘南通3丁目4-20(あんじゅホーム内)

TEL:  090-7363-6811 | Mail:  work@sumai-jp.com

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • 桂 昇平

南側道路の土地は本当に良い土地か?


土地探しをしていてさまざまな土地を見て回る中で

理想の暮らしを考えながら土地を探していくと思います。


我が家もそうでした。


日当たりの良い場所、

駅からなるべく近い場所、

環境の良い場所、

子供の学校が近い場所、


などなど。



土地探しにはいろんな条件が必要になってきます。


今回はその中でも日当たりについて多くの方が求められる

「南側道路」について考えてみたいと思います。



太陽は南に昇るので当然、南側に道路がある方が良いと思いますよね。

南側が開けていてそこから光が入ってくる立地が最高です。


しかし、ただただいいことだけとは限らないのが南側に道路がある敷地です。


日光を入れようと思えば、南の開口を大きく開けて日射を取り込みますが、

道路との距離が近い場所や、塀など道と窓とを遮るものがなければ

人目が気になって窓を開けることすら困難になることがあるのです。



時々オープンな外構で南側に窓があるけれどシャッターを下ろしっぱなし。

みたいな家を見ることはありませんか。


あれはまさにこのパターンです。

せっかく南に大きな窓があっても、

開けることができなければ家の中は暗く、

日射も取り入れられないので寒い家になってしまいます。



じつは南に正面が来るよりも北や西に正面を持ってくるほうが、

開口も少なくて住むため外観も素敵にしやすかったり、


南側や東側をプライベート空間にできるため

そちら側に大きな開口をとって人目を気にせず過ごすことができるといった

利点もあります。


単純に道路と敷地の関係一つでも

家の構成や、間取り、生活の仕方は大きく変わります。


物件を見る際はそこもしっかりと検討に入れながら

土地を見ましょう。


そして、設計士さんに相談しましょう。




ちなみに我が家はというと、、



実は南側に道路があります。

そして、大きな窓にカーテンもつけずに生活しています。


そのかわり目線の高さまで塀を立てて道路からの視線を遮る計画としました。

もちろん夜になり部屋の中の光のほうが強くなる時間にはシャッターや雨戸で

外部との仕切りをきっちり作って見えないようにしています。


その分、外構や雨戸にお金もかかりますし、北側道路にしておけば外構に

回すお金も少なくて済んだなーと思うこともあります。



(実際の庭)


このあたりは土地との出会いやタイミングもあります。

どこにどれだけお金をかけるのかという事情もあります。


そこも含めて家づくりを楽しみましょう。


それでは。



#神戸ふれふれ不動産 #土地探し #土地売買 #南側道路 #窓 #視線 #神戸市 #売土地 #売物件 #不動産 #物件 #不動産購入 #注文住宅 #工務店


15回の閲覧