理想の土地を見つけるための~土地探し相談会~

土地探しにおいて、「面積が希望より小さい」 「日当たりが悪い」「駅からの距離が‥」 「隣家との距離や周辺環境が気になる」…など 100%要望を満たした土地を見つけるのはとても難しいことです。 お客様の思い描く暮らしに適した土地かどうかを見分けるために、 土地探しの段階から、設計士と土地の専任担当者にご相談いただくことで、 土地のデメリットを設計で補うことができたり、 敷地条件をしっかりと把握して土地の形状を活かした設計を行うことが可能です。 家づくりと土地探しを一体に考えた、土地探しのお手伝いを行っております。 どうぞお気軽にご相談ください。 また、これから土地探し、家づくりを始めてみようとお考えの方も お気軽にご相談ください。 暮らしのイメージをお聞きしながら、 どんな土地がお客様に適しているのか、 どのような方法で土地を探すのが一番良いのか、 注意点やポイントをお伝えしながらお話させていただきます。 相談会にご参加いただくと、こんなメリットがあります ・住まいづくりのスケジュールを知っていただくことができます。 ・住まいづくりに必要な資金計画

住むはたのしい。

土地探しや家づくりのことを伝えることの多いページですが、 私自身生活者として、家を建てたものとして、 これから家づくりを考えている方に伝えられることがあるかもしれません。 私のもとにも多くの土地探しのご相談や、家づくりのご相談が寄せられます。 皆さんに共通しているのは、理想をすべて詰め込んで、 完成した家を求めているということです。 もちろん、新築の家を建てることは理想を詰め込んだ新しい場所が出来上がる それはそれは楽しいことです。 自分が望んだ場所に、自分の望んだものが、お金さえ許せば 具現化するのです。 こんなふうにしたい! あんなこといいな! まさに夢が現実になっていく。 それが家づくりです。 私も家づくりを進めているとき、あれもこれもと たくさんのことを考えて、やりたいことを並べて あーでもないこーでもないと悩みに悩んで 家づくりをすすめました。 そして完成した家。 隅々まで自分が思い描いたとおりの家が完成しました。 しかし、家はここからがスタートなのではないのかなと思います。 出来上がった箱の中に暮らすのは空間を乱しもすれば、壊すことも

確定申告 不動産売買で利益が出ると恐ろしい

個人事業主の皆さん、確定申告は終わりましたか? 私は昨年土地購入から家を建てたので、住宅ローン減税をしっかりともらうため 確定申告を行ってきました。 1年間に動いたお金の動きを申告して、払いすぎた税金があれば返してもらい 払っていない税金があればきっちりと払うことになる。 それが確定申告(ちなみに本年度は今日までが申告期限です) 今はいろいろと便利になり家で書類を作成して郵送申告をすることや E-TAXと言ってパソコンから直接申請をすることもできるので 税務署まで足を運んで申告をする必要のない場合もあります。 しかし、私の場合昨年売ったマンションが購入時よりほんの少し 高く売れていたため、会場に来て書類を作って申告をしてください とのこと。 うわー。大変だー。めんどくさいなー。 とは思うものの住宅ローン控除を10年受けるためには 通らなければならない道。 仕方なく会場へ。 案の定ダダ混み。ダダ混みです。 (画像はイメージです) 朝から並んで、すべてが終わったのが昼過ぎです。 俺の休みを返してくれ・・・。 しかも、なんと、 お金返って来るどころか儲

【イベント報告】土地探し相談会

2月23日、24日の週末2日間。 土地探し相談会を開催いたしました。 多くの方にご来場いただき、 「土地探しってどうすればいいんですか?」 「家づくりをどうやって進めてよいかわからない」 「どんな土地が良い土地なのか探しかたの基準がわからない」 などなど、多くのご相談をいただきました。 みなさん真剣にこれから家づくりをしたいとお考えの方ばかりで 土地探しの方法や、どんなふうに良い土地を見分けるのか、 何を基準にして土地探しを行っていくべきなのかを 真剣に聞いていただきました。 土地探しで大事なことは主に3つです。 ・予算 ・エリア ・敷地の広さ この3つがピタリと合う土地を見つけられたら・・・ と考えるのですが、すべてが揃う土地というのは 本当になかなかありません。 この内の2つ、もしくは1つ半ぐらいが条件に当てはまれば その土地に建てる家の方でカバーすることは可能です。 そこを見極めましょうとお伝えしております。 そして、いい土地が出てきたらその土地を 「買う!」と決めること。 これが一番重要です。 決めるためには何が必要か。 どんな準備をする

南側道路の土地は本当に良い土地か?

土地探しをしていてさまざまな土地を見て回る中で 理想の暮らしを考えながら土地を探していくと思います。 我が家もそうでした。 日当たりの良い場所、 駅からなるべく近い場所、 環境の良い場所、 子供の学校が近い場所、 などなど。 土地探しにはいろんな条件が必要になってきます。 今回はその中でも日当たりについて多くの方が求められる 「南側道路」について考えてみたいと思います。 太陽は南に昇るので当然、南側に道路がある方が良いと思いますよね。 南側が開けていてそこから光が入ってくる立地が最高です。 しかし、ただただいいことだけとは限らないのが南側に道路がある敷地です。 日光を入れようと思えば、南の開口を大きく開けて日射を取り込みますが、 道路との距離が近い場所や、塀など道と窓とを遮るものがなければ 人目が気になって窓を開けることすら困難になることがあるのです。 時々オープンな外構で南側に窓があるけれどシャッターを下ろしっぱなし。 みたいな家を見ることはありませんか。 あれはまさにこのパターンです。 せっかく南に大きな窓があっても、 開けることができなけれ

どんな土地がいい土地なの?

土地の探し方ってどんなふうに進めればよいのか なかなかわからないですよね。 普通の方はそうそう何度も土地探しからの家づくりを行うわけではないですし インターネットで土地探しのノウハウの載っているページを探すことはできますが 果たして本当にそれを信じて良いのかわからないですよね。 どんな土地が良い土地か、物件資料を見てもわからないし 現地を見ても日当たりや駅からの距離はわかりますが 何を判断基準にして土地を選べばよいかわからない。 そんなご相談を良く受けます。 もちろんお気持ちはよくわかります。 大きな買い物ですし、まだそこにない家を想像しながら その土地を買うのです。 怖さや、躊躇が生まれることは当然です。 正直、土地を進めてくる不動産屋さんのことだって 信用出来ないかもしれません。 では、「その恐れや不信は何が原因で生まれていますか?」 土地を判断する基準が自分の中にない。 ↓ 不動産屋さんに進められる ↓ 良い土地かどうか決められない ↓ そもそも不動産屋さんを信用できない ↓ 買うか買わないかの判断ができない ↓ どうしよう。怖い。 この感

土地探し あとは決断

お正月の家族会議で決まった土地探しと家づくり。 我が家は幸いなことに自分自身が工務店に勤めておりますので、 「どの工務店で建てようか」 「どの会社が良いのだろう」と 会社選びで不安になることはありませんでした。 職人さんたちがどんな仕事をしていて、家づくりに対して どんな気持ちで向き合っているかをよく知っていたからです。 普通に家づくりを始めようと思われた場合は、 まず建てる会社を探すところから始めなくてはなりません。 見学会があれば見に行き、家の仕様を見て聞いて、 様々な担当者や会社の姿勢をみて 「ここなら信用できそうだ」 「任せても大丈夫」 「予算も合いそうだ」 このような段階を経ていくことになります。 何社かとお話を進めながら 様々な条件をクリアした会社と家づくりをしようと決めることになります。 さて、そこから土地探しが始まります。 土地探しのポイントは ・自分だけで判断しない。 ・設計士に土地を確認してもらう ・できたら一緒に見に来てもらう この3点が大切です。 自分で見るのは周囲の雰囲気であるとか、 駅からの距離など見れば分かる情報と、